Exhibitions

先カンブリア 地球の彫刻 / 加藤智津子

先カンブリア 地球の彫刻 / Chizuko Kato 先カンブリア 地球の彫刻 / Chizuko Kato

先カンブリア 地球の彫刻
Précambrien・Sculpture de la Terre

Photographer

加藤智津子

Chizuko Kato

2016.03.16(水)〜2016.03.21(月)

11:00 - 19:00 (初日は14:00から、最終日は17:00まで)*会期中無休

22億年まえ以降の先カンブリア時代の地殻が存在しているのが西アフリカ、モーリタニアのサハラ砂漠。
最も古い台地の花崗岩、酸素を生み出したシアノバクテリアの活動が石化したストロマトライト、動き回る生き物のいない海が残した漣(さざなみ)の跡、先カンブリア時代最終期に地球が全球凍結(スノーボールアース)した痕跡を示す漂礫岩堆積物。
これらは地球の誕生以来、刻まれ、創り上げられてきた「地球の彫刻」です。
砂漠で、青い石、ストロマトライトを見たときから先カンブリア時代にとりつかれました。いつも、野宿しながら先カンブリア時代の石を採集、撮影しています。幼いころから、疑問だった地球の生い立ちもわかるようになりました。
モーリタニアは石の国、その上に砂が積もっているのです。フィルムカメラ使用、常に空気中に漂う砂とのたたかいです。
展示:モノクロ、カラー(Cプリント)
協賛:モーリタリア大使館

●イベント
ギャラリートーク 3月19日(土)17:30〜
「石から見える地球、生命、進化」について、研究者も交えてギャラリートークを開催します。
また、写真展とともに、先カンブリア時代(11億年〜6億年前)の石もご覧いただけます。皆様のお越しをお待ちしております。
※椅子に限りがありますので、ご了承ください。